真心のこもった葬儀を演出します

真心のこもった葬儀を演出します 真心のこもった葬儀を演出します
  • 今まで恥ずかしくて直接は言えなかった感謝の気持ちを伝えることができた。
  • おくり鳩にメッセージを書くことによって、おじいちゃんをおくり鳩が天国へ連れて行ってくれるような気がした。
  • たくさんのお花とおくり鳩に囲まれたおばあちゃんを見て、おばあちゃんが天国にいる風景が目に浮かんだ。
  • 折り紙は難しくて出来ないような小さな子供でも、おくり鳩を簡単に元の形に戻すことが出来て、満足そうだった。
  • 字を書くことがあまり得意ではないけど、周りの人から見られることはないので、安心してメッセージを書くことが出来た。
  • 遠方の親戚など、実際の葬儀には来られない人からメッセージを書かれたおくり鳩が届き、その人の代わりにおくり鳩が故人様を見送りに来てくれたような気がした。

全国の葬儀社様より


真心のこもった葬儀を演出します 真心のこもった葬儀を演出します
  • この度、初めて『おくり鳩』をお客様へご提案したところ、思いも寄らず親族の方よりお声が掛かり、大勢に方々にメッセージを書いて頂き驚きました。今までも違った形でメッセージを書いた品物を棺に入れておりましたが、やはり身内であっても知人に見られてしまうのは恥ずかしかったのかと実感しました。また、私は女性従業員ですが、この葬儀で皆様がお書きになった『おくり鳩』を棺に納めている姿を見た時、今までになかった感動が生まれ、私自身も涙腺が緩みました。

群馬県の葬儀社様より


真心のこもった葬儀を演出します 真心のこもった葬儀を演出します
  • 自分の葬儀は、こうありたい。生前から葬儀の規模や予算を決めるなら、たとえ小さな葬儀でも、せめて身近な家族、親族、友人から一言「心のメッセージ」を贈ってほしい。それだけで十分、私はきっと気持ちも安らかに、寂しい思いもせず天国にいかれますから…。この様な思いを抱かれている方は多いと思います。その人の人生を締めくくる大切な葬儀は、故人さまとご遺族さまをなぐさめ、悲しみをのりこえた感謝と心の絆をつなぐセレモニーが理想ではないでしょうか。遠くへ旅立つ故人さまの御霊をあたたかく見守る神仏の使いとして、「おくり鳩」を活用することをお薦めします。

終活カウンセラーより